特定非営利活動法人 標準医療情報センター

看護師付添いサービス ナースアテンダント

ガイドラインへ

【どんな病気】

前立腺

(図1)

前立腺は男性のみが有する器官で、精液の一部(精液全体の約15~30%)を分泌します。膀胱の出口の近くにあり、尿道の最も奥の部で尿道の全周をとりまいています(図1)。


前立腺断面

(図2)

前立腺は、尿道に接する部分の内腺とその外側にある外腺とに分けられます(図2)。


 

前立腺指診

(図3)

前立腺肥大症という病気と前立腺がんの発生する部位は異なり、前立腺肥大症は図2の内腺が腫れる病気で、前立腺がんはそのほとんどが外腺に発生します。加えてその約75%は外腺の後部に発生します。

我々泌尿器科医が、直腸を通して前立腺指診(指で触れながら前立腺の状態をさぐること)を行う場合(図3)に、最も触れ易い部分がこの前立腺の外腺後部です(図4)。また前立腺がんのほとんどが、今でもこの方法でみつけられているのが現状です。このことから直腸を通しての前立腺指診がいかに重要かがわかります。 前立腺肥大症は、図2の内腺が腫れる病気(良性腫瘍)で、肥大した内腺が直接尿道を圧迫し、圧迫された尿道はそれにより細くなります。したがって排尿困難が生じやすくなります。 上述したように、前立腺がんはそのほとんどが外腺に生じることから、一般的にかなり進行しない限り排尿に異常はありません。

前立腺がん好発部

(図4)

【どんな症状】


早期の前立腺がんは、そのほとんどが無症状です。
尿道から内腺をへだてた外腺(図2)、加えて外腺後部に発生(図4)するのが大部分ということから、がんが内腺に広がりかなり進行してから尿道を圧迫す るようになります。初発症状のひとつですが、前立腺がんによる排尿困難があらわれればすでに進行したがんがその大多数を占めることになります。
初発症状としては、外腺に発生した前立腺がんが内腺に広がり、さらに尿道粘膜に及んで血尿を生じます。また前立腺がんは、膀胱、精のう(図1)他の周囲 へ広がり易く、それによる血尿、血精液(精液に血が混じること)、坐骨神経痛も初発症状のひとつです。一方前立腺がんは骨盤骨、腰椎、大腿骨を好発部とし て、全身の骨への転移が多いという特徴的なことから、腰痛、歩行困難、その他多彩な症状を初発症状とします。

以上のことから、前立腺がんは症状発現の時点で、すでにかなり進行したがんが大多数という悲観的な病気ともいえます。しかし後述する「予防法」が最も大切なことです。

【どんな診断・検査】

1)尿検査
前立腺が尿道あるいは膀胱へ広がると、肉眼的血尿又は顕微鏡的血尿が見られます。
2)前立腺指診
直腸を通しての前立腺指診で石のように硬い部を触れます(図3)。一部の前立腺がんには硬くないものもありますが、本検査は診断上大きな役割を果たしています。
3)血液検査
前立腺がんに特異な血液検査として、前立腺特異抗原(PSA)、前立腺酸フォスファターゼ(PAP)、ガンマーセミノプロテインが腫瘍マーカーとして通常行われています。中でも前立腺特異抗原(PSA)は非常に精度の高い検査です。
4)経直腸的超音波検査
5)前立腺生検
問診を含め、1~3あるいは1~4の検査を行った結果、前立腺がんが疑われた場合に前立腺生検が行われま す。これは前立腺を針で数ヵ所刺し、前立腺のいくつかの部の組織を取り出し、病理学的検査でがん組織の有無を調べるものです。がん組織があれば、ここで初 めて前立腺がんと診断されます。
6)CT、MRI、骨シンチグラフィー、他
前立腺がんが確定した段階で、がんの広がりの状態、骨への転移の有無、肺への転移の有無などを調べます。

【どんな治療法】

1)前立腺全摘除術
早期がんの場合のみに行われ、前立腺と共に精のう、所属リンパ節を取り去る手術です。これによりほぼ100%治ります。
2)内分泌療法
早期がんの発見率が少ない現在、主流となっている治療法です。
前立腺がんは男性ホルモンの働きにより進行し、男性ホルモンを抑えることによりがんの縮小、進展予防効果があるという大きな特徴点を利用したものです。
したがって早期がんから末期がんに至るまで広く行われているのがこの内分泌療法です。去勢術を行うだけでも効果がありますが、副腎からも少量の男性ホルモン分泌があるため、女性ホルモン剤、抗男性ホルモン剤、LH-RHアゴンスト剤の投与が行われています。約75%~95%の前立腺がん患者に対がん効果があると言われています。

※主な治療薬(製品名)
内服薬としてエストラサイト、ホンバン、オダイン、プロスタール25、注射薬としてリュープリンなど。
3)放射線療法
体力的に手術のできない早期がんの人、またはある程度がんが広がっている人に内分泌療法と共に行われます。
4)化学療法
前立腺がんは、悪性度の低いがん(分化細胞がん)、悪性度の高いがん(未分化細胞がん)、その中間の中分化細胞がんが混在しているのが一般的です。
内分泌療法により、悪性度の低い分化細胞がん部分は著しい効果を示し、悪性度が中間の中分化細胞がん部分は多少とも効果が見られます。悪性度の高い未分化細胞がん部分は内分泌療法にほとんど反応しません。
したがって内分泌療法を継続すると、最終的に残り、がんの進行を促すのが悪性度の高い未分化細胞がん部分で、放射線療法と共に種々の抗癌剤が使用されます。

【どんな予防】

まず前立腺がんは50歳からのがん(50歳未満は全体の約1%)で、70歳台に最も多いがんです。
 人種的にも異なり、アメリカでは男性のがん死亡率第1位を約10年間保ち続けています。日本では前立腺がん患者はアメリカの約1/10~1/20にすぎ ませんが、同じ日本人でも在ハワイ日本人1世は日本の約5倍の頻度でみられ、アジアの貧困地域では前立腺がんがゼロに近いという調査事実もあります。
 加えて日本では前立腺がんは年々増加の一途をたどっていて、約15年後には日本人男性のがん死亡率第1位になると予測されています。
 このことから第2次世界大戦後の日本の食事の欧米化(肉類、乳製品摂取)がその原因ではないかとされていますが、風土、環境などの相違もあり、現在はその一因であろうと言われているにすぎません。


前述したように、前立腺がんは症状が出現した時点ですでにそのほとんどが進行したがんで、早期がんは他の病気などでたまたま泌尿器科医を訪れた患者さん が偶発的に見つかるという状況でした。しかし血液検査、中でも前立腺特異抗原(PSA)の精度がこの数年で大きくアップして、前立腺がんの早期発見がかな りの頻度で高くなりつつあります。


確かな予防法はありませんが、性ホルモンのバランスがくずれる50歳からの病気で、確実に大きく増加している事実から、50歳以上の男性は無症状でも (無症状であるからこそ)年に1度は泌尿器科医を受診することが早期がん発見につながり、最大の予防法と言えます。

ページトップへ