特定非営利活動法人 標準医療情報センター

看護師付添いサービス ナースアテンダント

  • 病気の標準治療法解説 疾患一覧へ
  • 診療ガイドラインとは
  • この病気について(症状・検査など)

【ウイルス性慢性肝炎】

 肝炎ウイルスにはA型、B型、C型、D型およびE型があり、ウイルス性慢性肝炎はほとんどがB型とC型ウイルスによるものです。A型は急性肝炎を発症し慢性化することはなく、D型はB型ウイルスとの重感染としてのみ感染し、わが国ではまれです。近年、E型ウイルスによる肝炎もしばしば見られ、A型急性肝炎に似た病像を呈します。
 B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)は血液や体液を介して人から人へ感染します。感染して慢性肝炎になっても、肝臓の病変がかなりの程度進行しなければ自覚症状はほとんど現れません。また、自分がいつ感染したかも不明のことが少なくありません。ウイルス性慢性肝炎の最も重要な問題点は、20年~30年という長い年月をかけて肝硬変を経て(一部の症例は肝硬変に至らず)肝癌を発症することです。したがって、治療の目標はウイルス活性を抑制・排除して肝発癌を防止することにあります。そのためにさまざまな抗ウイルス療法が工夫されています。
 厚生労働省は、2009年肝炎対策基本法を制定し、全国民が少なくとも1回は肝炎ウイルス検査を受けることができる体制を整備しています。40歳以上の方で5歳刻みの者を対象に無料で検査を受けることができます。

【C型慢性肝炎の感染経路】

 HCVもHBVと同様に血液や体液を介して感染します。HBVに比べ感染力は弱く、垂直感染や性交渉による感染も低い。C型肝炎は約70%が慢性肝炎に移行するといわれています。わが国では感染者は約200万人と推定され、肝癌の約80%がHCV感染によるものです。
 HCVには約10種類以上の遺伝子型(ジェノタイプ)が知られており、感染者はHCV1b型が最も頻度が多く(70%)、60歳以上の高齢者に多くIFNが効きにくいタイプです。HCV2a型は50歳以下に多く(20%)IFNが最も効くタイプです。HCV2b型はおよそ10%と見られています。

【C型肝炎の検査診断法の概略】

HCV抗体(-) C型肝炎感染なし
HCV抗体(+)・HCV RNA(-) 過去の感染を示します
HCV抗体(+) ・HCV RNA (+) C型肝炎感染状態を示します

【C型慢性肝炎の治療】

(日本肝臓学会:厚生労働省研究班によるウイルス性肝疾患の治療ガイドライン;2011年3月改定)

抗ウイルス療法
C型慢性肝炎の治療の目標は、B型同様にウイルス活性を抑制ないしは駆除して肝病変の進展を阻止し、肝発癌を抑止することです。ウイルスの遺伝子型や肝病変の進展度により、最も治療効果のある薬剤の組み合わせを選択します。初回治療と再治療によりIFN治療法が異なります。
(ペグ-インターフェロンはインターフェロンに高分子物質のポリエチレングリコール(PEG)を結合させ、インターフェロンの血中濃度を長時間安定に維持し週1回の注射で高い効果が得られるように改良したものです。)
① 初回治療
初回治療でウイルス量が多い者および再投与例ではIFNとリバビリン併用療法が基本となります。
遺伝子型1 高ウイルス量 難治例。ペグ‐IFN(またはIFNβ)+リバビリン併用療法(48~72週間)
遺伝子型2 高ウイルス量 ペグ‐IFN(またはIFNβ)+リバビリン併用療法(24週間)
低ウイルス量 IFN単独療法とリバビリン併用療法で治療効果にほとんど差がないことから、副作用が比較的少ないIFN単独療法が選択されます。
HCV遺伝子型にかかわらずペグ‐IFN(24~48週間)、IFN(24週まで)
② 再治療の原則
IFNの再投与に際しては、初回治療で無効となった要因(投与期間、副作用など)を十分に検討したうえで、治癒目的(ウイルス排除)の治療法か、あるいは進展予防(発癌予防)のIFN単独少量長期療法を選択することが原則とされています。
③ ALT正常C型肝炎例への抗ウイルス治療
無症候性C型ウイルスキャリアであっても血小板数が15万以下であると、肝線維化の進展例がかなり存在することが知られており、ALTが30 IU/L以下の症例でも可能なら肝生検を施行し、肝線維化や炎症が中等度以上の場合(F2A2以上)では抗ウイルス療法を考慮することが薦められています。ALTが31~40 IU/Lの場合、遺伝子型、ウイルス量、年齢などを考慮し、通常のC型慢性肝炎治療に準じて治療法を選択することが推奨されています。

 HCV RNAの減少率が治療効果の指標となりますので、定期的にHCV RNA量や肝機能検査(AST,ALTなど)を検査して治療の反応を評価します。

【IFNの副作用】

 IFN投与中はその副作用の発生に十分に注意することが大事です。主な副作用を挙げます。

① インフルエンザ様症状
発熱、悪寒、頭痛、倦怠感などが見られ、投与開始後数日間が最も強く、次第に軽減します。
② 抑うつ状態
不眠、いらいら感などが最初の徴候となります。
③ 糖尿病の悪化、甲状腺機能障害(動悸、発汗)、間質性肺炎(発熱、呼吸困難)。
④ 白血球減少、血小板減少(出血傾向)、貧血など。

 多くは症状は軽く治療を継続できますが、何らかの異常が出ましたら必ず医師に相談してください。

【肝生検で分かる慢性肝炎の組織像の進行度】

 超音波観察下で腹壁を通して肝臓に生検針を穿刺し、組織の小片を採取して顕微鏡で線維化や炎症の程度を観察します。

線維化の程度 腹腔鏡による肝病変の肉眼所見
F0 線維化なし 正常肝
F1 軽度の線維化がある 慢性肝炎慢性肝炎
F2 中程度の線維化がある
F3 高度の線維化がある。肝硬変の一歩手前の状態 慢性肝炎(肝硬変の一歩手前)
F4 肝硬変 肝硬変肝硬変
ページトップへ