特定非営利活動法人 標準医療情報センター

看護師付添いサービス ナースアテンダント

  • 病気の標準治療法解説 疾患一覧へ
  • 診療ガイドラインとは
  • この病気について(症状・検査など)

【ウイルス性慢性肝炎】

 肝炎ウイルスにはA型、B型、C型、D型およびE型があり、ウイルス性慢性肝炎はほとんどがB型とC型ウイルスによるものです。A型は急性肝炎を発症し慢性化することはなく、D型はB型ウイルスとの重感染としてのみ感染し、わが国ではまれです。近年、E型ウイルスによる肝炎もしばしば見られ、A型急性肝炎に似た病像を呈します。
 B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)は血液や体液を介して人から人へ感染します。感染して慢性肝炎になっても、肝臓の病変がかなりの程度進行しなければ自覚症状はほとんど現れません。また、自分がいつ感染したかも不明のことが少なくありません。ウイルス性慢性肝炎の最も重要な問題点は、20年~30年という長い年月をかけて肝硬変を経て(一部の症例は肝硬変に至らず)肝癌を発症することです。したがって、治療の目標はウイルス活性を抑制・排除して肝発癌を防止することにあります。そのためにさまざまな抗ウイルス療法が工夫されています。
 厚生労働省は、2009年肝炎対策基本法を制定し、全国民が少なくとも1回は肝炎ウイルス検査を受けることができる体制を整備しています。40歳以上の方で5歳刻みの者を対象に無料で検査を受けることができます。

【B型慢性肝炎の感染経路】

 B型肝炎は母児感染(垂直感染)と水平感染の様式があります。HBe抗原陽性の母親から出生した児では持続感染(キャリア化)が起こりやすく、成人ではHBVに汚染された血液、医療器具や針刺し事故および性交渉などによって感染し、大多数は一過性感染で急性肝炎を発症して治癒します。1986年、厚生労働省のB型肝炎母児感染防止事業でB型ウイルス陽性の母親より生まれた新生児にワクチン接種が行われるようになってから、B型肝炎の垂直感染は防止されました。現在、感染者は約150万人と推定されています。
 HBVにはA~Jまでの遺伝子型(ジェノタイプ)があり、日本ではC型が最も多く見られます。近年、海外から遺伝子型Aのウイルスが性感染症として持ち込まれ、それによるB型急性肝炎が増加してきています。その中の一部の方(約10%)が慢性化すると見られています。

【B型肝炎の検査診断法の概略】

 B型肝炎ウイルスマーカーについて簡単に説明します。

HBs抗原(+) 現在HBVに感染している
HBs抗体(+) 過去にHBVに感染(感染防御抗体)
HBc抗体(+) ① 低力価の場合過去のHBV感染 ② 高力価の場合現在HBVに感染
HBe抗原(+) 血中にHBVが多く存在する(感染性が強い)
HBe抗体(+) 血中のHBVは少ない(感染性が弱い)、肝炎は鎮静化している
HBV DNA 血中のHBV量を示す

【B型慢性肝炎の治療】


(日本肝臓学会:厚生労働省研究班によるウイルス性肝疾患の治療ガイドライン;2011年3月改定)

1. 抗ウイルス療法
B型慢性肝炎の治療では、インターフェロン(IFN)と核酸アナログ製剤が二本柱となります。年齢、炎症や線維化の程度、ウイルス量などを考慮して治療法を選択します。いずれにおいても治療対象はALT値が31 IU/L以上です。HBVキャリアではセロコンバージョン(HBe抗原がHBe抗体に転換すること)する年齢が平均35歳とみられているので、35歳を境に治療法が異なります。
35歳未満 35歳以上
若年者では免疫応答によるセロコンバージョンが期待されて、免疫賦活作用もあるIFN治療(24~48週投与)が主体となります。ウイルス量が多い場合は核酸アナログ製剤(エンテカビル)を併用します。 35歳以上ではセロコンバージョンの可能性が低いのでエンテカビルが第一選択となり、ウイルス量が多い場合はIFNとの併用療法が行われます。
なお、遺伝子型A,Bは、35歳以上でもIFNの効果が効率であることから、可能なかぎりIFNを第一選択にすることが望ましい。
核酸アナログは強い抗ウイルス作用を有するが、長期使用により薬剤耐性株が出現する可能性があります。なお、副作用として催奇形性があるので、妊娠可能性の女性では避けることが望ましい。通常は数年間使用します。
IFNは治療効果を見て24~48週間投与します。
2. 肝庇護療法
肝庇護薬としてグリチルリチン製剤(強力ネオミノファーゲンC)、ウルソデオキシコール酸(ウルソ)、肝加水水解物、小柴胡湯(IFNとの併用は間質性肺炎のリスクが高く併用禁忌)、などが使用されます。

【抗ウイルス療法の治療効果に影響する因子】

 抗ウイルス療法はいろいろな要因によって治療効果が影響されます。

① ウイルス側の因子
HBVの遺伝子型の違いにより、B型慢性肝炎の病態や治療効果が異なります。遺伝子型Bは遺伝子型Cに比べてインターフェロン(IFN)治療の効果が良い。遺伝子型Cによる肝炎は病変の進展が早く、肝癌を早期に発症しやすいと見られます。
② HBe抗原陽性でウイルスの増殖状態が多い方では効果が弱い。
③ 宿主側の因子
若年者では自然経過でHBe抗原からHBe抗体へセロコンバージョンを起こして肝炎が鎮静化しやすい。35歳を境に治療法を選択します。
肝線維化が進行して高ウイルス量の場合は効果が弱い。
ページトップへ