特定非営利活動法人 標準医療情報センター


  • 病気の標準治療法解説 疾患一覧へ
  • 診療ガイドラインとは
  • この病気について(症状・検査など)
脳梗塞イメージ

 くも膜下出血は外傷や脳動静脈奇形からの出血が原因でも起こりますが、ここでは脳にできた脳動脈瘤が破裂したものを対象とします。
日本では年間10万人に20人ほど発症し、死亡率はほぼ1/3と考えられますが、発症時に意識状態が悪いほど死亡する確率が高くなります。また発症したとたんに心臓が止まってしまう例もたくさんあります。


くも膜下出血の予防
グレードA
(強く勧める)
  1. 未破裂の脳動脈瘤が発見された場合は出血予防処置(外科手術もしくは血管内手術)の適応について慎重に考慮する。
  2. 喫煙、高血圧、過度の飲酒は避け、それらの危険因子を持つ人は、その改善が望ましい。

最近脳のMRI検査や脳ドックが普及し、未破裂脳動脈瘤が発見されることが増えています。
2008年の日本脳ドック学会のガイドラインは次のようになっており、2009年脳卒中治療ガイドラインでもグレードC1で記載されています。
未破裂脳動脈瘤の自然歴(破裂リスク)から考察すれば、原則として患者の余命が10~15年以上ある場合に、下記の病変について治療を検討することが推奨される。

①大きさ5~7 mm以上の未破裂脳動脈瘤

②上記未満であっても、

  1. 症候性の脳動脈瘤
  2. 後方循環、前交通動脈、および内頸動脈-後交通動脈部などの部位に存在する脳動脈瘤
  3. Dome/neck aspect比が大きい・不整形・ブレブを有するなどの形態的特徴をもつ脳動脈瘤

くも膜下出血の治療
再出血の予防のための治療
グレードA
(強く勧める)
  1. 診断の遅れが予後の悪化につながるため、迅速で的確な専門医による治療が必要である(グレードA)
  2. 降圧、鎮静、鎮痛を十分に行うことが必要である(グレードB)
  3. 開頭によるクリッピング手術あるいは脳血管内手術による動脈瘤塞栓術が必要である(グレードA)
  4. 外科手術が選択された場合は原則的に出血後72時間以内の早期に行う(グレードA)
グレードC1
(やっても良い)
  1. 重症例では状態の改善があれば手術的治療を行う。
  2. 搬入時すでに72時間を過ぎている場合では、遅発性脳血管廉縮の時期が過ぎるのを待って、再出血防止処置を行うことも考慮する。
合併症の治療
くも膜下出血では再出血だけではなく、2-3週間の間に起こってくる水頭症と遅発性脳血管れん縮に注意が必要です。
グレードA
(強く勧める)
慢性期には水頭症の発生に注意し必要な処置を行う。
グレードB
(やった方が良い)
遅発性脳血管れん縮の予防と治療、電解質管理を含めた呼吸循環管理、栄養管理につとめる。

(2014.3.19)

ページトップへ